ENTRY 2018年卒

採用 Q&A

戻る

Q&A

採用について

  1. Q1

    職種別採用はしていますか?

    A1
    基本的に営業職での採用となります。ただし、事務職の採用を行う年もあります。
  2. Q2

    海外留学生(外国人)採用について教えて下さい。

    A2
    採用しております。「ENTRY 2017年卒」から採用マイページにご登録いただき、セミナーにご出席ください。
  3. Q3

    海外の大学を卒業する予定ですが、応募できますか?

    A3
    はい、可能です。ただし、選考過程は通常のものと変わりませんので、スケジュール調整のうえ、お越しください。
  4. Q4

    高専を卒業見込みなのですが、採用方法は修士・学士と同じですか?

    A4
    はい、同一です。
  5. Q5

    短大・専門学校を卒業見込みなのですが、採用方法は修士・学士と同じですか?

    A5
    はい、同一です。
  6. Q6

    ファッションセンスは求められますか?

    A6
    安心してください。当社で働いていただくうえで大切なことは、「ファッションが好きなこと」、そして「人と接することが好きなこと」。この2点がもっとも重要なことです。たとえ、ファッションセンスに自信のない方でも、入社後の研修・教育システムによって多くの知識を吸収し、経験を積んでいただく環境が整っております。
  7. Q7

    語学、簿記、パソコン等の資格は重視されますか?

    A7
    採用時に資格を重視することは、ありません。 重要なことは、現在所有している資格に適した仕事を探すのではなく、所有している資格や知識を「やりたい仕事」の中でどう活かしていくのか、ということです。また、青山商事での仕事に必要な資格については、入社後の教育制度の中で取得支援を行っています。
  8. Q8

    OB/OG訪問をしたいのですが、紹介してもらえますか?

    A8
    当社は、選考過程のなかで入社1~3年目の社員リクルーターとお会いしていただく機会を設けています。OB・OGに代わるリクルーターの仕事体験談を聞いていただくことや、選考の待合室・質問会など、お会いする機会を多く設けておりますので、その機会を活用してください。
  9. Q9

    セミナーや面接会場への交通費は支給されますか?

    A9
    選考段階での交通費は支給しておりません。当社では全国十数か所でセミナーを開催しておりますので、ある程度の交通費は自己投資と考えていただければと思います。

戻る

仕事について

  1. Q10

    入社後は全員店舗勤務を経験することになりますか?

    A10
    栁沼:はい、まずは営業店でのファッションアドバイザーとしての勤務となります。本社・本部への異動も可能ですが、どの部署も、店舗での現場経験が必要ですので、営業店経験後ということになります。
    ちなみに私は、社内公募制度を使い、入社5年目から人材開発部へ異動してきました。全員が現場スタートになりますので、本社・本部への異動は公募制なんですよ。
    長澤:私の場合は、営業店で店長を6年経験したのち、入社10年目の時に人材開発部へ異動してきました。このように、それぞれの社員によって目標も違えば、キャリアステップも多種多様ですね。

  1. Q11

    転勤の頻度はどれくらいですか?

    A11
    長澤:決まった頻度というものはありません。まず、転勤はデメリットだと考えられがちですが、当社では経験を積むために転勤は必要だと考えております。転勤の主な理由は、昇進・昇格、新規出店、売上増減などによる人員調整を行うためです。ですから、会社からの期待を込めての異動です。様々な店舗で接客を通してスキルアップや販売力をつけ、経験を積んでキャリアアップしてほしいと思っています。(転勤を能力の一つであると判断します。)
    栁沼:ただ全国転勤ではありません。入社後実施される「人事異動調査・転勤登録制度」に基づいた転勤となります。したがって、原則、希望エリアの範囲内で勤務が可能です。

  1. Q12

    勤務時間(残業)はどの程度ありますか?

    A12
    長澤:店舗や事業所などにより異なりますが、勤務時間は9:45~19:10が基本となります。一般的な店舗は、20時までの営業となりますので、19:10以降は時間外手当の対象となります。
    残業が発生した場合は、1分単位で時間外手当をお支払いいたします。月に2回ある店舗ごとの販売会議(40分以内)も時間外手当の支給対象です。当社では、サービス残業は一切ありません。
  2. Q13

    販売というと、やはりノルマがあるのでしょうか?

    A13
    長澤:個人の売り上げ目標は存在しています。会社の目標が必要なのと同様、個人がキャリアアップしていくためにも目標は必要不可欠です。これはどの企業にもあてはまることだと思います。当社では、期間店舗売上計画に基づき、月間の個人売上目標を設定。月半ばに達成度合をチェックし、再度、個人の能力に見合った目標数値へと見直しています。
    目標を達成した際には「精励金(月ごとのボーナス)」が支給されます。また、チーム目標を達成した際にも精励金の支給があるなど、個人やチームの能力を評価する仕組みがしっかりと整備されている点が当社の魅力ともいえます。

  1. Q14

    キャリアアップの仕組みを教えてください。

    A14
    栁沼:店舗で経験を積みながら、個人の能力と適性に応じてキャリアアップしていきます。(実力主義)役職者になるための研修や試験もあります。
    詳しくは青山での成長ページをご確認下さい。青山商事での成長
  2. Q15

    店舗での1日の仕事の流れを教えてください。

    A15
    仕事内容ページをご確認下さい。仕事内容
  3. Q16

    定年退職は何歳ですか?

    A16
    定年退職は、63歳です。ただ希望により、65歳までの2年間、延長が可能です。

戻る

青山商事について

  1. Q17

    青山商事が「業界ナンバーワン」である理由を教えてください。

    A17
    世界一のスーツ販売着数、積極的な新規事業展開、実力主義、人材教育、地域密着型の店舗運営、お客様が集まりやすい立地への出店、時代のニーズにあった商品づくり、顧客数の拡大と情報を集積するための「AOYAMAカード会員システム」、大学生協との提携によるスーツの潜在的な顧客層へのアプローチなど、理由を挙げると切りがないのが現状です。しかし、私たちは「最大の要因は"人"にある」と考えています。長引く不況から、景気回復により、競合他社が教育費削減を図るなか、あえて私たちは徹底した人材採用と教育プログラムに投資を行うなど、意欲的に人材育成に取り組んできた結果、その成果が現れたのです。会社の事業や展望がいかに優れていても、それを実際に手がける優秀な人材がいなければ、業界No.1の地位までたどりつくことはできなかったでしょう。私たちの、人材に対する思いは青山商事の魅力ページを、求める人材像については求める人材像ページをご覧下さい。
    青山商事の魅力求める人材像
  2. Q18

    青山商事の営業施策を教えてください。

    A18
    当社は、『より良いものをより安く、洋服の販売を通して社会に貢献する』という経営基本理念のもと、創業以来、営業活動(利益を生み社会貢献)をしています。その中で、年間(期間)売上目標(四半期・中間・年間)達成を目指し、良いものを安く販売することで、お客様への貢献はもちろんのこと、利益を上げ、社員・お取引先への還元により、青山商事に関わる方の安定した生活を築いていきます。

あなたの疑問は解決できましたか?