VOICE社員の声

堀内 良太

洋服の青山

新宿西口店

副店長(ビジュアルマーチャンダイザ―)

堀内 良太

ほりうち りょうた

キャリアステップ

  • 2008年入社・洋服の青山配属

好きなスーツに一番触れられる企業

学生時代からファッションが好きで、あらゆるジャンルの中で最も魅力を感じたのがスーツでした。スーツに一番触れられる企業を選びたい。そう思ったのが入社のきっかけです。 入社当時から、販売や売場演出においてスーツの魅力をいかにお客様に伝えることができるかをモットーに取り組んできました。こうした取り組みが上長の目に留まり、CA(コーディネートアドバイザー)に推薦していただきました。

堀内 良太画像01

新しい情報や感性が必要とされる仕事

CAとはディスプレイなどの売場演出を管理し、ブロック長、店長とともに広いエリアで店づくりを牽引していく仕事です。現在は都心の大型店を担当するCAとして在籍しています。新しい情報や感性が必要とされる仕事なので、外部のセミナーを受講したり、VMDに関する資格を取得するなどの自己啓発は欠かせません。常に自分自身を磨き、高めていくことがこの仕事の大変な部分でもあり、楽しい部分だと思います。

VMDを通してブランドイメージを発信

シーズン毎にブロック長や店長とミーティングを行い、各店の売場計画作成を行っています。自分の考えた売場でアイテムや店の売上が向上し、店長やスタッフから喜びの声を聞けたときは本当にうれしいですね。今後はVMDの重要性を会社全体に広めていくことはもちろん、VMDを通して洋服の青山の新しいイメージ、ブランディングを市場に発信していけるような存在になりたいです。