VOICE社員の声

長谷部 道丈

法人部

副部長

長谷部 道丈

はせべ みちたけ

キャリアステップ

  • 1998年入社・洋服の青山配属

働くステージが広がる仕事

青山商事といえば、個人の消費者を顧客とするBtoC"という仕事イメージが強いと思います。ですが、どんな人でも学校や会社といった組織に属しています。個人に向けた仕事も規模が大きくなれば、ゆくゆくはその背景にある組織相手のBtoB"へとなりえるのです。私は「洋服の青山」「TSC」など様々な店舗で勤務経験がありますが、そこで培った接客力や提案力がいまでは法人営業の分野で活かされています。個人であれ法人であれ、自社の商品やサービスに自信を持って提案することにやりがいを感じています。

長谷部 道丈画像01

青山商事の強みを活かす

法人部の業務は主に3つ、学校との提携、企業との提携、制服事業という柱があります。学校・企業では特別な提携カードを発行することで、提携先の顧客様に全国の「洋服の青山」でお得な買物を楽しんでいただけます。制服事業では主に既製服のカスタマイズという枠組みを超えたオリジナル制服を生産し提供しています。私は主として企業との提携、制服事業に携わっていますが、どの領域でも当社の企業規模や信頼という強みが活かされています。 例えば、企業との提携では「洋服の青山」のスケールメリットが活かされています。当社の提携特典は企業の福利厚生の一環として導入いただいていますので、地域によって待遇差があってはいけません。「洋服の青山」は47都道府県すべてに店舗展開していますから、大規模法人の従業員の皆様に当社のサービスを利便性高く平等にご提供できます。 制服事業では、世界で一番スーツを販売している知名度と信頼が強みになっています。制服には業界問わず耐久性や機能性が求められるもの。当社は、しわになりにくい、摩耗に強いといった機能スーツを手ごろな価格で提供できるので、お客様からの信頼度が高いのです。近年ですと企業以外にもスーツサプライヤーとしてラグビー日本代表や日本陸連、野球チームなどへ公式スーツを提供しており、さらに事業の幅が広がっています。

長谷部 道丈画像02

会社も自分も成長できる

いま、私の働くフィールドは日本全国になります。制服事業では生産ラインの開拓や工場を視察することもありますので、海外出張する機会も増えてきました。洋服が好きで、若い社歴でもキャリアアップできる社風に惹かれて入社しましたが、いまもその想いは変わりません。個人の成長と会社の成長はつながっています。やる気にはキャリアやチャンスを与えてくれる会社ですので、今後も会社の新しい取り組みに積極的にトライしていきたいです。