VOICE社員の声

鈴木 翔太

広報部

サブマネジャー

鈴木 翔太

すずき しょうた

キャリアステップ

  • 2010年入社・洋服の青山配属

故郷を離れても、この仕事がしたかった

青山商事のスーツは、世界一のスーツ。手に取ってみれば、品質の良さは一目瞭然ですが、せっかくのすごさが世の中へ十分に伝わっていないのがもどかしかったんです。自分の力で何とかできないか。そんな想いから、生まれ育った大阪を離れ東京の広報室勤務を希望しました。 いまの仕事は、新聞や雑誌など報道関係者に向けて、新商品や新店舗などの情報を発表するプレスリリースの作成が中心。広報の文書は、新聞や雑誌記事のもととなる、会社を代表する言葉です。だから、会社や商品のことを正確に把握することが基本です。例えば「着心地が良い」といったあいまいな表現でなく、それを裏付ける客観的なデータまで確認した上で文書化します。「広報は社内の記者、作成する文書は社長の言葉と同じ」と上司からは言われています。青山の企業色を会社の代表としてどう伝えるか。責任は重いですが、自分の書いた文章を元に、何十万、何百万もの人に記事が届くかもしれないと思うと、ゾクゾクします。

鈴木 翔太画像01
鈴木 翔太画像02