VOICE社員の声

八木澤 祥希

洋服の青山

木場駅前店

副店長

八木澤 祥希

やぎさわ よしき

キャリアステップ

  • 2012年入社

店全体の雰囲気づくりをする役割 

就職活動中に店舗へ見学に行った際、どの店もスタッフがイキイキと働いているのが印象的で、青山商事を選びました。現在は副店長という立場で、店長業務の補佐や社員、パートナーとのパイプ役、さらに若手社員の育成などを中心に行なっています。店長からの指示事項をスムーズに全スタッフに伝達することはもちろん、店長には直接言いにくい意見などの吸い上げ、アフターフォローも私の仕事で、店全体の雰囲気づくりに関わる重要な役割だと思っています。

八木澤 祥希画像01

結果が出ない新人時代を乗り越えて

今でこそ副店長になっていますが、入社当時は販売が上手くできず、周りの同期がどんどん実績を上げていく中で、なかなか結果を出せずにいました。販売したいという気持ちだけが空回りし、自分にはこの仕事は向いていないのではないかとまで思い始めていた時、当時のブロック長に「八木澤君には本当に期待している。どこまでできるか見せてくれ」と言われました。その言葉で一念発起。それまでの考え方を改め、購買心理学を勉強し直すなど努力した結果、それが数字にも表れ、ブロック内最年少で副店長に昇格できました。

八木澤 祥希画像02

自分の上司のようなリーダーを目指したい

力いっぱいやる時はやる。肩の力を抜く時は抜くという、メリハリのあるチーム作りで、全体のモチベーションを上げるよう意識しています。売上目標を達成できた時や若手スタッフの成績が伸びた時は、自分のことよりも嬉しいです。新人の頃、まったく成績の上がらなかった私を見捨てずにここまで育ててくれたブロック長のように、スタッフ一人一人に寄り添うことのできる上司や先輩になることが私の目標です。