WELFARE福利厚生

ワーク&ライフバランス

企業人としても、一人の人間としても豊かな社員であってほしい。それが青山商事の願いです。年間107日の休暇の他、社員の状況に応じた柔軟な休暇取得を可能にするなど、仕事と生活の調和に対し積極的に取り組んでいます。

充実した休暇制度をスタンバイ

1年を通して107日間の休暇日数を用意しており、当社では業務の繁忙期と閑散期で休暇日数を月ごとに設定しています。例えば気候の暑い7~9月の期間はアパレル業界全体の閑散期であるため、34~36日間の公休を取得することができます。

大事な家族の介護をサポート

介護休業制度は、親や家族の介護のために、一定期間の休業を認める制度です。家族が要介護状態にある場合、家族一人につき通算93日間まで休暇を取得できます。長期的な休業でも雇用は継続され、介護休業中の期間は出勤したものとし、勤続年数にも算入されます。

安心して出産・育児に専念できる

産前産後休業制度では、出産日の前6週間、後8週間に産前産後休業を取得できます。また、産後休業終了から、お子様が生まれて1年後までが育児休業期間となります。さらに2017年度からは、最大2年間までの延長も可能になりました。もちろんパパ、ママともに休暇の取得ができるので、安心して育児に専念できます。
短時間勤務制度は、お子様が小学校3年生までの期間中、勤務時間を6時間にすることが可能でライフスタイルに合わせることができます。また、子どもの有無にかかわらず、結婚してから5年以内であれば取得することが可能です。

働く女性支援

青山商事のあらたな取り組み
「ウーマンアドバイザー」

働く女性支援の充実を目的に「ウーマンアドバイザー」を選任し、ライフステージの変化に合わせた働き方を支援する試みが始まっています。結婚・出産後も、家庭と仕事でのキャリアアップが両立できるよう、社員のサポートと環境づくりをする役割が期待されています。

岩永有香

TSC営業部

ウーマンアドバイザー

私自身の結婚・出産・子育て・介護といった経験を活かしながら、スタッフ一人ひとりにしっかりと向き合うことを大切にしています。

ウーマンアドバイザーのおもな仕事

キャリアアップ
サポート
  • ■福利厚生の各種手続きの案内や、産休~育休~復帰までのスケジュールプランを提案。
  • ■気軽に相談できる窓口として、働く女性スタッフを電話や面談などでサポート。
女性支援制度の
情報共有、
啓蒙活動
各研修や会議などの場で、女性支援のケーススタディを情報共有し、社員間の相互理解と制度への関心を深められるように取り組んでいます。