ガバナンス方針

コーポレートガバナンス

経営の適法性・透明性の向上

当社は、企業倫理の重要性を認識し、かつ経営の健全性向上を図り、株主価値を重視した経営を展開すべきと考えております。また、企業競争力強化の観点から経営判断の迅速化を図ると同時に、持続的な企業価値向上を実現するために、意思決定及び業務執行並びにそれらの監督を適正に行える体制を構築し、経営の適法性、効率性及び透明性を高め、コーポレート・ガバナンスの一層の充実に主眼を置いた経営を目標にしております。

ページの先頭へ

業務執行体制及び内部システムの環境整備

当社の業務執行の体制と内部統制システムの概要は下図のとおりであります。

業務執行の体制と内部統制システムの概要

コーポレート・ガバナンスの概要はこちらから

ページの先頭へ

グループ調達方針

当社グループは、グループ全体の経営理念である「持続的な成長をもとに、生活者への小売・サービスを通じてさらなる社会への貢献を目指す」ことを念頭に、公正かつ公平な購買活動を行い、基本的人権の尊重・労働安全衛生の確保・環境保全・企業倫理などに配慮し、企業としての社会的責任を果たします。

1. 遵守・倫理

  • 購買取引を行うにあたり、各国の関連法令やルールを遵守し、社会的良識ある行動をします。
  • 購買取引において知り得た取引先の情報は厳格に管理し、機密として守秘します。また、第三者の知的財産権などを侵害するような購買取引は行いません。
  • 優越的地位を利用した、社会通念の範囲を超えた接待・贈答や便益の要求・授受を行いません。
  • 取引先に対して当社製品・サービスの販売を直接の目的とする購買取引は行いません。

2. 公正かつ公平な取引

  • すべての取引先に公正に対応し、特定の取引先を有利または不利に扱いません。
  • 取引先選定にあたり、品質、価格、納期、技術力、安全性、製造・供給能力、環境保全、人権・労働安全衛生、企業倫理に対する取り組みなど、総合的に判断し、公正に取引先を決定します。不採用の場合、可能な範囲で理由を説明します。
  • 国内外問わず、新規取引先に対しては公平に競争の機会を提供します。また、定期的に継続的な取引を見直すことにより、新規取引先が参入できる機会を配慮します。

3. パートナーシップの構築

  • 取引先と良きパートナーシップを築き、長期的に発展し合える関係を築きます。
  • 取引先と取引条件や互いの調達慣行など評価し合い、倫理的で責任ある調達慣行を行います。
  • 取引先の協力を得ながら、サプライチェーン全体にわたる人権・労働・環境等のモニタリングを定期的に行い、課題に対しては協働して改善の実施と支援を行います。

4. 社会的責任

  • 購買取引を行うにあたり、人権・労働安全衛生・環境・企業倫理などに十分配慮し、企業としての社会的責任を果たす取り組みをします。

ページの先頭へ

サプライヤー管理

エシカルかつ責任ある事業慣行に関する情報共有プラットフォーム
「SEDEXアンケート」の実施(グローバルパートナーシップ)

当社は2018年に責任ある調達を目指し、SEDEXに加盟いたしました。
グループ会社である「服良株式会社」の登録を皮切りに、今後は主要取引先に参画を促し、エシカルかつ責任あるビジネス慣行を目指していきます。