RECRUITING 2022



9
第二商品部
マネジャー
有村 泰彦
2006年入社・洋服の青山配属
ゼロから作り上げる苦労と喜び
入社して2年はリクルーターとして採用活動に携わっていたことで、「将来の洋服の青山を担う人材を見つけたい」という思いがあり、3年目の夏に社内公募制度を通じて人材開発部に異動しました。
その後、商品部へと異動したのですが、商品開発はやりがいのある仕事だと思います。誰もが思いつかないような機能やデザイン、商品化することは無理だろうと思われているような服を、試行錯誤して具現化できたときはとても達成感があります。全くのゼロから形あるものにしていくプロセスでは、思い通りにいかないことも多々ありますが、苦労を乗り越えて商品化された服が店頭に並び、お客様が手にとってくれたときの喜びは何ものにも代えがたいですね。
商品開発に関わらず全てのことにおいて、新しいチャレンジをすることはとてもパワーを使いますし、容易なことではありません。ですが、「こんな商品があればお客様が喜んでくれるのではないか」「こんなものがあれば便利だな」ということを常に考え続け諦めない気持ちを持つことで、今まで乗り越えられたような気がします。
物づくりで重要なのは人
商品部に来てからは常に新しいものを探すアンテナが働き、どうすれば形にできるか考えるクセがつきましたし、自分本位の考えや固定概念に捉われずエンドユーザーであるお客様に喜んでいただくための物づくりを意識しています。また、物を作るために人の協力は欠かせないファクターです。何事にも本気でぶつかる気持ちを持つと同時に、お客様や取引先の方に限らず、仕事に関わる全ての方に対して感謝の気持ちを持つことを大切にしています。
私たちは時代に合わせて進化する
時代に合わせてオフィスウェアの変化が顕著になり、「スーツ離れ」という言葉もよく聞くようになりました。私たちも、これまでと同じことをずっと繰り返してはいけません。今は「紳士服の青山」から本当の意味での「洋服の青山」になるため、時代に合った新しいウェアリングを発信していきたいと考えています。2016年頃には、進化するオフィスウエアを追求し、ビジネスカジュアルに新しい発想やセンスを取り入れた新ブランド「MORLES(モアレス)」が誕生しましたが、他のブランドやレディスも含め、「洋服の青山へ行けば気軽にお洒落が楽しめる」と思っていただいけるような服を提案していきたいと考えています。
  • 宮本 綾菜
  • 松田 翼
  • 千田 彩愛
  • 岡本 政和
  • 瀧本 悠里
  • 板倉 和寛
  • 鈴木 翔太
  • 倉石 里香
  • 有村 泰彦
  • 石倉 大祐