トップメッセージ

青山 理

当社グループを取り巻くビジネス環境は大きく変化しております。特に中核事業であるビジネスウェア事業においては、構造的な生産年齢人口の減少やオフィスウェアのカジュアル化が進むなか、コロナ禍での新しい生活様式への移行に伴い、デジタルによる業務革新やEC市場の拡大が見られました。
また、サステナブル商品への関心の高まりなど、ビジネスウェアに対する消費者意識も変化しております。
このような環境の中、当社グループは中期経営計画『Aoyama Reborn 2023』の経営ビジョン実現に向けて取組み、より多くのお客様から支持される企業として、持続的成長を目指して参ります。そして、その結果として2024年3月期の中期経営計画最終年度に、連結売上高2,000億円、連結営業利益110億円、連結当期純利益80億円とするKPI (重要経営指標)の達成を目指して参ります。

代表取締役社長

青山 理