ESGへの取り組み

トップメッセージ

当社グループは、グループ全体の経営理念である「持続的な成長をもとに、生活者への小売・サービスを通じてさらなる社会への貢献を目指す」ことを念頭に、地球温暖化対策、働き方改革や女性活躍の推進、ガバナンスの高度化などESG(Environment・Social・Governance)への取り組みを進めていきます。
またビジネスウェア業界のリーディングカンパニーとして、サプライチェーンにおける基本的人権の尊重・労働安全衛生の確保・および公正な取引を推進します。

2015年に国連サミットで2030年までの国際目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」が発表されました。目標の達成には、政府、企業、団体、個人といった全セクターが普遍的に取り組む必要があります。

当社グループにおいても、環境・社会課題の認識と解決のためにSDGsを重要視し、当社グループのESGへの取り組みと関連付け、今後より一層持続可能な社会の実現のために貢献して参ります。

代表取締役社長

青山 理

ページの先頭へ

取り組みの分類とSDGsとの関連性

環境への取り組み
環境保全が⼈類共通の重要課題と認識し、事業活動において環境負担への低減に努め、持続可能な社会に貢献する。

社会への取り組み
⼈を最⼤の経営資源と定め、働き⽅改⾰・⼥性活躍推進に取り組むとともに、地域との共創実現のための環境整備をしていく。

ガバナンスへの取り組み
企業倫理の重要性を認識し、かつ経営の健全性向上を図り、企業価値向上を意識した経営を推進していく(さらなる⾼度化)

分類

取り組み

SDGsとの関連

環境
Environment

環境保全活動

エネルギー使用量削減

再生可能エネルギーの推進

廃液汚染の予防

森林保全

梱包資材の削減

下取り品の資源循環

商品を通じた環境への取り組み

エコ商品の開発

環境配慮と大気汚染の軽減

水使用量の削減

動物福祉への配慮

社会
Social

働き方と人材育成

ワークライフバランス推進

従業員教育

女性活躍推進

障がい者の雇用促進

責任ある事業慣行

安心・安全な商品の提供

社会・地域貢献活動

[地域貢献] 防災毛布の寄贈

[地域貢献] 被災地支援

[地域貢献] 新型コロナウイルス感染症対策支援について

[地域貢献] 地域清掃活動への参画

スポーツ振興の支援

バリアフリーな店舗設計

[学校教育] スーツ着こなし講座を無料開催

[学校教育] 職場体験学習の受け入れ

防犯

ガバナンス
Governance

ガバナンス方針

[コーポレートガバナンス]経営の適法性・透明性の向上

[コーポレートガバナンス]業務執行体制及び内部システムの環境整備

グループ調達方針

サプライヤー管理

社外からの評価

認定

CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)

CDPとは、投資家の関心がある気候変動関連情報の開示を目的としています。当社は2019年に温室効果ガス排出量を省エネ法の基準に則って、スコープ1・2・3に分類したものを初めて開示し、スコア「D」の認定を受けました。

健康経営優良法人

青山商事は、経済産業省と日本健康会議による"健康経営優良法人認定制度"において2020年3月2日、「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」の認定を受けました。
本制度は2017年にスタートし、青山商事が認定を受けるのは初めてとなります。

エコマーク

青山商事は、公益財団法人日本環境協会によって、2020年3月にISO14024に則って運営される国内唯一のタイプⅠ環境ラベルであるエコマークの認定を受けました。
本制度による認定店舗数887店舗(2020年3月認定時)は日本最大の認定店舗数となります。
※認定店舗は、ビジネスウェア事業(洋服の青山・TSC・WHITE・UL・UL MEASURE'S)の全店舗となります