[環境] 環境マネジメント

環境方針

青山商事グループ環境方針

基本理念

青山商事グループは、グループ全体の経営理念である「持続的な成長をもとに、生活者への小売・サービスを通じてさらなる社会への貢献を目指す」ことを念頭に、国連の「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」や気候変動枠組条約に基づいて策定された長期目標などの国際合意を尊重したうえで、環境保全が人類共通の重要課題と認識し、ステークホルダーと協働しながら事業活動において環境負担への低減に努め、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

環境保全活動を確実に実行していくため、下記の行動指針に基づき環境パフォーマンスの向上に取り組み、その成果についての情報を開示し、社会からの信頼の向上に努めます。

本方針は、青山商事グループの事業活動全体に適用され、社外に対し公開します。

環境行動指針

1.環境法令等の遵守

世界各国及び日本の環境関連法令、地域の条例・協定を遵守します。

2.環境目標及び環境目的の達成に向けた活動

環境目標及び環境目的を定め、目標の達成状況を定量的に評価し、その達成に努めます。

3.環境マネジメントの構築

環境マネジメントシステムを構築・運用し、継続的改善を図りながら、環境パフォーマンスの向上に努めます。

4.商品の環境への配慮

商品の開発において、原材料から廃棄までのすべての段階で環境が配慮され、環境負荷が小さい商品づくりを目指します。

5.エネルギー効率化の推進

省資源、資源の循環利用、省エネルギー、再生可能エネルギーの利用、節水等の環境負荷を低減する取組みを実施し、事業活動全般でエネルギー効率化を図ります。

6.サプライヤーと消費者との関係

青山商事グループのサプライヤーと協力をして、環境負荷を低減する取組みを実施していきます。また、消費者であるお客様とともに、使用済み商品の回収・再資源化を推進し、循環型社会の形成に貢献していきます。

7.情報開示の推進

環境活動及びその成果についての情報開示を通じて、ステークホルダーとの対話を図り、改善に活かします。

8.環境問題への意識の向上

グループ全体の役員、従業員及び取引関係者の環境問題に対する意識を高めるための教育や啓発活動を推進します。また、グループ全ての役員及び従業員に、日々の業務の中で環境保全活動や地域貢献活動も推進します。