[社会] 働き方と人材育成

ワークライフバランス推進

 

広島県働き方改革実践企業

当社は、長時間労働の削減や,休暇の取得促進,子育て・介護と仕事の両立など,従業員がイキイキと働くことができる職場環境づくりに取り組み,働き方改革の実績や効果が出ているとして2019年2月に「広島県働き方改革実践企業」に認定されました。

ページの先頭へ

ワークライフバランス

休暇制度・半日有給・時間有給

企業人としても、一人の人間としても豊かな社員であってほしい。それが青山商事の願いです。1年を通して107日間の休暇日数があり、変形労働時間制で業務の繁忙期と閑散期とで休暇日数を月ごとに設定しています。例として、気候の暑い7~9月の期間はアパレル業界全体の閑散期であるため、27~32日間の公休を取得できます。その他にも半日有給休暇制度や時間単位有給休暇制度で社員の状況に応じた柔軟な休暇取得を可能にするなど、仕事と生活の調和に対し積極的に取り組んでいます。

時間外労働の削減

営業店ではシフト勤務制、本社では週に1日ノー残業デーを設置し、社員の残業時間短縮を促しています。

相談窓口の設置

  • 社内機関:ウーマンアドバイザー(結婚・育児関連の相談窓口)
  • 社内機関:ハラスメント相談窓口(セクハラ・パワハラに関する相談窓口)
  • 社内機関:コンプライアンス相談窓口

その他、社外機関にメンタルヘルスケアと介護相談窓口の設置を行っています。

ページの先頭へ

従業員教育

人材育成の取り組み

研修制度

上海研修では縫製工場を見学

当社では内定者研修をはじめ、新人研修やエリアごとのフォローアップ研修など人材育成のための様々なOFF-JT(職場外訓練)を実施しています。OJT(職場内訓練)としては店舗の店長・マネジャーを中心に、先輩スタッフが第一線の仕事をバックアップします。知識習得や販売技術の向上を目的にした会社独自の教育放送「アコスネット」など教育ツールも充実しており、スキルアップのための環境が整っています。

キャリア支援制度

研修以外でも将来のキャリア形成を目指し、多彩な支援制度を用意しています。

  • 資格取得報奨金制度
    働く社員の主体的なキャリア開発を促進するため、100以上ある会社指定の資格を入社後に取得した社員には報奨金を支給しています。
  • 通信教育費用助成制度
    会社指定の通信教育講座を修了した社員に対して、補助金を支給しています。
    2019年10月現在、362講座が準備され、ビジネススキルや語学、資格取得や一般教養など幅広いカテゴリーから学ぶことができます。
  • 外部研修費用助成制度
    各本部で必要とされる知識やスキルを外部機関が主催する研修にて学ぶことができ、その費用を補助しています。
  • 海外留学支援制度
    グローバルに活躍できる人材の育成を促進させるため、従業員の自発的な海外留学に対する支援を行っています。
  • 語学学習支援制度
    インバウンド対応力や、グローバル展開の人材基盤を強化するため、従業員の自発的な語学力向上を支援しています。
  • 外部機関派遣制度
    専門性の強化や、幅広い視野の人材を育成する目的で、国内外問わず、グループ会社や関係機関に一定期間派遣しています。

優秀社員表彰制度

ES(働く従業員満足)の一環として、「洋服の青山業態」「ザ・スーツカンパニー業態」では売上業績や顧客化の取り組み、接客ロールプレイング大会などで優秀な実績をあげた従業員を表彰する取り組みを全社的に行っています。
また、受賞者の成功事例を共有することで、従業員の意識改革、スキルアップ、さらなるモチベーションアップに繋がっています。

ページの先頭へ

女性活躍推進

働く女性支援

ワークライフバランスに関する目標設定

当社は全従業員がワークライフバランスの取れた生活を送れるよう、女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を策定し、厚生労働省へ提出、社内外へ公表しました。

女性活躍に向けた行動計画(詳しくはこちら)

ウーマンアドバイザー

働く女性支援の充実を目的に「ウーマンアドバイザー」を選任し、ライフステージの変化に合わせた働き方を支援しています。結婚・出産後も、家庭と仕事でのキャリアアップが両立できるよう、社員のサポートと環境づくりをする役割を担っています。

ウーマンアドバイザーのおもな仕事

キャリアアップサポート

  • 福利厚生の各種手続きの案内や、産休~育休~復帰までのスケジュールプランを提案。
  • 気軽に相談できる窓口として、働く女性スタッフを電話や面談などでサポート。

女性支援制度の情報共有、啓蒙活動

各研修や会議などの場で、女性支援のケーススタディを情報共有し、社員間の相互理解と制度への関心を深められるように取り組んでいます。

一度退職後、再雇用制度を利用し、現在広報部兼ウーマンアドバイザーとして勤務。3児の母親。

店舗勤務後、結婚出産。総務部を経て、現在人事部兼ウーマンアドバイザーとして勤務。

育児休業、育児のための勤務時間短縮

産前6週間・産後8週間の休業取得や育児休業のほか、入籍後10年間もしくはお子さんを養育中であれば小学校6年生まで短時間勤務制度(実働6時間)の申請が可能です。女性だけでなく男性も安心して育児休業を取得できる様、社内啓蒙活動を行っています。

社内風土改革活動

多様性を尊重し、全従業員がイキイキと働ける環境を作るため、研修会の実施や外部プロジェクトへの参加などを通して、社内風土改革に取り組んでいます。

女性従業員向けキャリア研修会

当社で働く女性に向けた研修会を実施しています。
事業の垣根を越えてグループワークを行い、自分のキャリアは自分で作るという考えの元、ライフイベントの際の働き方や10年後のビジョンについて考えます。

管理職向け女性活躍推進研修会

上司の考え方が風土改革のカギとなるため、店長以上の管理職層に向けて研修会を実施しています。部下の能力が最大限に発揮できるよう、上司としてすべきことや必要な考え方、スキルを身につけるために学びます。

復帰支援説明会

現在育児休業を取得している従業員に対して復帰後のギャップをなくす為、会社方針の説明を行います。また、お子さんと共に参加してもらい、終盤の座談会で、復帰に向けた不安や疑問、情報交換などを行える時間を作っています。

ページの先頭へ

障がい者の雇用促進

労働環境整備・障がい者雇用の促進

当社では、身体障がいや知的障がい、精神障がいのある方が働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

当社の本社や営業店とともに、物流センター「井原商品センター」「千葉センター」「神辺商品センター」では、障がいのある方が多く在籍し、商品の検品や値付け・梱包などの業務分担を細分化することで、個人がそれぞれの特性を活かして働ける業務に就いています。会社と共創関係を築く中で、「井原商品センター」の取り組み模様が、岡山県のホームページやメディア(新聞)で紹介されました。