女性活躍に向けた行動計画

女性活躍に向けた行動計画

■青山商事株式会社 行動計画

2021年3月改定

当社は、女性が継続就業し、活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

2018年10月1日 ~ 2023年3月末日まで

2. 当社の課題
  1. 男女関係なく活躍できる風土改革
  2. 働く環境整備と平均勤続年数の向上
  3. 女性管理職および役職者層に占める割合の向上
3. 定量目標
  1. 新卒採用における女性比率50%程度を維持する。
  2. 役職者に占める女性割合を23%にする。
  3. 管理職に占める女性割合を7.1%にする。
  4. 育児休業の取得率および平均取得日数を次の水準以上にする
    男性社員:取得率を7%以上にする 平均取得日数を4日以上にする
    女性社員:取得率を75%以上にする
4. 取組内容と実施時期

取組1:女性のキャリア研修の実施

2018年7月〜

女性活躍推進(意識改革)セミナーの実施(継続)

2018年10月〜

階層別キャリア研修の実施

2021年10月~

女性のキャリア開発支援、キャリア形成意識の醸成

取組2:働く時間・場所の柔軟性を高める両立支援を軸とした、働く環境整備を構築する。

2019年4月~

結婚や育児目的での短時間勤務制度の柔軟化

2019年4月~

女性特有の病気に関する検診補助の追加

2020年4月~

多様な就業環境の構築

2021年4月~

管理職層に向けた、男性の育児休業取得推進に関する情報発信

取組3:多様なキャリアコースの選択

2018年10月~

非正規社員のレベルアップを図り、正社員登用を推進

2019年4月~

再雇用促進

取組4:意識改革の推進

2018年7月~

男性管理職向け女性活躍推進セミナーの実施(継続)

2019年4月~

社内報開始による、女性活躍推進情報の発信強化

2019年9月~

「働き方改革」の推進開始

2021年4月~

ダイバーシティ&インクルージョン推進に向けた情報発信

仕事と子育ての両立に向けた行動計画

■青山商事株式会社 行動計画

2020年10月改定

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

2018年10月1日 ~ 2021年3月末日までの2年間

2. 内容

目標1:育児休業の取得率を次の水準以上にする。

  • 男性社員:取得率を7%以上にする
  • 女性社員:取得率を75%以上にする

<対策>

2018年10月~

社内報やミーティング・研修を利用し育児休業制度内容の周知徹底

2018年11月~

管理職を対象とした意識調査など実態把握を実施

2018年12月~

配偶者が出産を控えている男性社員に対して育児休業制度周知や利用に向けた具体的なプラン作成および提案

2019年6月~

育児休業を取得しやすい環境作りのための管理職向け研修の実施

2020年11月~

男性育休対象者のうち、未取得者に対して育児休業制度の周知および取得推進

2021年1月~

管理職へ向けた男性育休取得率のフィードバック

目標2:女性社員の継続就業者が増えるよう、妊娠・出産・復職時における支援の充実

<対策>

2018年10月~

ライフイベントに伴う相談窓口の設置

2018年12月~

産前休業者に向けた準備セミナー開催

2019年4月~

制度概要を含むガイドブックの作成、従業員への周知

2019年6月~

産休・育休対象者向け復職支援セミナーの開催

2020年10月~

産前休業者に向けたプレママセミナー(制度および各種申請方法の説明、育児休業復帰者・ロールモデル参加型)の開催

2020年11月~

社内報にてプレママセミナー実施内容および参加者の声の周知と制度啓蒙

女性活躍推進へ戻る