RECRUITING 2022



5
THE SUIT COMPANY営業部 店舗環境グループ
スペシャリストコース スペシャリスト(VMD)
瀧本 悠里
2010年入社・TSC配属
やりたいことはアピールしよう
祖母が洋裁教師をしていたため、幼い頃から服に触れる機会が多く、自然とアパレル関係の道を志しました。高校卒業後は服飾系の大学に進学し、就職先を決める中で様々なアパレル企業を検討しましたが、「業界最大手の会社で働きたい」という思いが強くなり青山商事に入社しました。
やりたいことがあれば本人次第で実現できる会社の方針は魅力的だと思います。2年目に配属された店舗でよりお客様が商品を見やすい、購入しやすい売り場を作るVMD担当の先輩の補佐を任されたことがきっかけで、その奥深さに魅せられました。販売しながらVMD業務も行ううちに「もっとこの分野を極めたい!」と思うようになり、社内公募制度にチャレンジしてVMDチームに異動しました。やりたいと思うことには、自分からどんどんアプローチすることはとても大切だと思います。なぜなら青山商事はやる気があればその姿勢をしっかりと評価してくれます。臆することなく自分自身をアピールしてきたことで、やりたいことに近づいている感覚も実感があります。
まだまだ拡がるVMDの可能性
普段から様々な他社の売り場を意識しており、プライベートで訪れたときも「どのように演出しているか」「コストがどれくらいかかるか」等、演出方法に自然と目がいきます。VMDという仕事柄、お客様からコーディネートや売り場についてお褒めのお言葉をいただいたときや販売につながったときはとても嬉しいですね。
VMDの結果は数字では測りにくく、魅力的な売り場に仕上げることができても、それが売り上げに貢献したのか、ブランディングの一助となっているのか、直接的には分かりません。VMDの効果を可視化するためのツールで、お客様の反応や各店舗のVMD効果を測り、臨機応変に対応できる売り場環境を整えることが今後の目標のひとつです。
時代のニーズに売り場で応える
今後はザ・スーツカンパニー業態のブランド力の向上を目指しています。時代にマッチした店舗スタイル、特定のニーズに特化した店舗など、新しいスタイルの店舗も作りたいですね。お客様が見やすく且つカッコいいと感じる売り場、そしてスタッフ側が提案しやすく売りやすい環境のアイデアを常に考えています。売り場は単なる売り手と買い手の関係ではなく接点を生み出す場所。店舗に足を運んでいただくお客様には、店頭を見ていただく度に魅力的だと感じるようなVMDを維持したいですし、社内でのVMDへの取り組みをもっと活発にしていきたいですね。
  • 宮本 綾菜
  • 松田 翼
  • 千田 彩愛
  • 岡本 政和
  • 瀧本 悠里
  • 板倉 和寛
  • 鈴木 翔太
  • 倉石 里香
  • 有村 泰彦
  • 石倉 大祐